東入間青年会議所とは

東入間青年会議所とは

青年会議所(JC)とは

1949年、明るく豊かな社会の実現を理想とし、次代のリーダーとなる責任感をもって、お互いに切磋琢磨しようという情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。共に向上し合って、社会に貢献しようという理念は瞬く間に全国に拡がり、各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。

現在、全国に692の青年会議所(令和2年1月1日現在)があり、35,623人(うち女性2691人 平成29年12月1日現在)の会員が、JC運動の三つの信条「奉仕・修練・友情」のもと、民主主義を守り、自由経済体制の確立による、よりよい社会づくりをめざして、ボランティアやまちづくりから、行政改革、地方分権などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、国境を越える交流や地球環境保全など世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。


東入間青年会議所について

私達は、富士見市・ふじみ野市・三芳町の2市1町を活動エリアとして「東入間青年会議所」の名称でこの地域のために活動をしています。20歳から40歳までの「品格ある青年」であれば、人種・国籍・性別・職業・宗教を問わず、自由な個人の意思により入会することができます。私たち会員が生まれ、もしくは仕事をしている東入間の街づくりのために様々な事業をこの地域で展開しています。

一般社団法人東入間青年会議所のあらまし

創立 1983年7月9日
日本JC 1983年9月29日
認証番号 718
社団法人設立 1989年8月23日
一般社団法人設立 2015年3月2日
スポンサーJC 公益社団法人 川越青年会議所
姉妹JC マレーシア   ペタリングジャヤJC

 


東入間青年会議所歴代理事長のご紹介

1983年 昭和58年 初代 金子 泰三
1984年 昭和59年 第2代 金子 泰三
1985年 昭和60年 第3代 簑輪 高一郎
1986年 昭和61年 第4代 松本 長治
1987年 昭和62年 第5代 星野 貴一
1988年 昭和63年 第6代 塩野 悟
1989年 平成元年 第7代 土屋 幹夫
1990年 平成2年 第8代 野溝 守
1991年 平成3年 第9代 村岡 潤一
1992年 平成4年 第10代 岸澤 七郎
1993年 平成5年 第11代 星野 光弘
1994年 平成6年 第12代 星野 信吾
1995年 平成7年 第13代 林 伊佐雄
1996年 平成8年 第14代 吉野 欽三
1997年 平成9年 第15代 矢島 悦男
1998年 平成10年 第16代 谷澤 誠
1999年 平成11年 第17代 斉藤 隆浩
2000年 平成12年 第18代 矢島 忠治
2001年 平成13年 第19代 尾崎 孝好
2002年 平成14年 第20代 溝口 幸治
2003年 平成15年 第21代 斉藤 久也
2004年 平成16年 第22代 斎木 泰光
2005年 平成17年 第23代 抜井 尚男
2006年 平成18年 第24代 森田 昌也
2007年 平成19年 第25代 池田 拓也
2008年 平成20年 第26代 澤田 和宏
2009年 平成21年 第27代 花谷 彰久
2010年 平成22年 第28代 鈴木 信之
2011年 平成23年 第29代 冨田 信太郎
2012年 平成24年 第30代 田村 芳人
2013年 平成25年 第31代 伊藤 秀輝
2014年 平成26年 第32代 西山 幸吉
2015年 平成27年 第33代 小坂部 政直
2016年 平成28年 第34代 星野 弘明
2017年 平成29年 第35代 山岸 一仁
2018年 平成30年 第36代 根岸 徹
2019年 令和元年 第37代 田畑 裕孝
2020年 令和2年 第38代 吉田 武陽
2021年 令和3年 第39代 星野 剛広


理事長紹介

理事長 星野 剛広

一般社団法人
東入間青年会議所
2021年度
第39代理事長星野 剛広

理事長紹介

賛助会員

賛助会員