東入間青年会議所とは

東入間青年会議所とは

青年会議所とは

1949年、明るく豊かな社会の実現を理想とし、次代のリーダーとなる責任感をもって、お互いに切磋琢磨しようという情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。共に向上し合って、社会に貢献しようという理念は瞬く間に全国に拡がり、各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。

現在、全国に697の青年会議所があり、36439人(平成28 年12月現在)の会員が、JC運動の三つの信条「奉仕・修練・友情」のもと、民主主義を守り、自由経済体制の確立による、よりよい社会づくりをめざして、ボランティアやまちづくりから、行政改革、地方分権などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、国境を越える交流や地球環境保全など世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

東入間青年会議所について

私達は、富士見市・ふじみ野市・三芳町の2市1町を活動エリアとして「東入間青年会議所」の名称でこの地域のために活動をしています。20歳から40歳までの「品格ある青年」であれば、人種・国籍・性別・職業・宗教を問わず、自由な個人の意思により入会することができます。私たち会員が生まれ、もしくは仕事をしている東入間の街づくりのために様々な事業をこの地域で展開しています。



理事長紹介

理事長 山岸一仁

一般社団法人
東入間青年会議所
2017年度
第35代理事長山岸 一仁

理事長紹介

入会案内

入会案内

地域の魅力発信コーナー

地域の魅力発信コーナー